2010.11.22

高校サッカー 組み合わせ決定

12月30日に開幕する第89回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせが決定しました。


1回戦から、かなりの好カードが続出します。
注目されるカードは、、、

・前橋育英(群馬)vs.神村学園(鹿児島)
・静岡学園(静岡)vs.米子北(鳥取)
・前橋育英(群馬)vs.神村学園(鹿児島)
・広島皆実(広島)vs.青森山田(青森)

特にDゾーンには静岡学園、米子北、滝川第二、鹿島学園、広島皆実、青森山田とベスト4を狙えるチームが揃いました。このゾーンを抜け出したチームは頂点が近そうな気がします。

又、アーセナルの入団が内定していると言われている中京大中京の宮市亮や鹿島入団内定の青森山田・柴崎岳など、注目すべき選手も数名います。


あと1ヶ月で開催となった高校サッカー、今年も楽しみですね!

岩隈 楽天残留

岩隈の楽天残留が濃厚になったみたいです。

ポスティングシステムによって交渉権を獲得したアスレチックスサイドと岩隈サイドの契約交渉が不調に終わったみたいです。

アスレチックスサイドは年棒を3億前後で交渉をしているみたいですが、現在の岩隈の年棒が約3億。近年、メジャー移籍した先発投手はすべて日本最終年の年俸から大幅な上積みを勝ち取っていますので、アスレチックスサイドが出した条件は岩隈サイドが飲める条件ではなかったみたいですね。

交渉が不成立に終わると、改めてポスティングシステムのシステム自体の是非が叫ばれそうですね。




タグ:岩隈 楽天 残留

野村忠宏 引退

野村忠宏の引退が濃厚になりましたね。


柔道男子60キロ級で五輪3連覇を達成した野村忠宏ですが、北京五輪の出場の逃した後、ロンドン五輪に向けて挑戦していました。


怪我などもあり、思うようにいかず、全日本の教科選手からも外れていました。
今回、進退を懸けた講道館杯全日本体重別の2回戦で敗れた後、「築き上げた柔道の感覚と実際の動きにズレを感じ、弱くなったと思う。真剣にやりたい気持ちがあっても、やめるときはくる」と野村忠宏は語りました。


今回の敗戦で野村忠宏は目標のロンドン五輪代表入りが現時点で絶望的となり、第一線から退くとみられています。



正式に引退発表をしたわけではないので、わかりませんが、引退をするのであれば、「長い間ご苦労様でした」の一言ですね。

長きに渡り、日本柔道界を支え続けてきた名選手の引退が近そうです。


⇒アトランタ、シドニー、アテネとオリンピックで前人未到の3大会連続金メダルに輝いた柔道家・野村忠宏が、柔道に打ち込んだ半生、日本古来の武道である柔道の真髄と、柔の道で得られる「心の持ちよう」のすべてを綴る 「折れない心