2011.01.20

東国原知事 都知事選出馬か?

東国原英夫知事が宮崎県の知事の任期を満了しましたね。



退任式では「この4年間は本当に貴重な経験だった。一生忘れることはないし、今後の私の人生で最大の糧になる」と挨拶。鳥インフルエンザや口蹄疫対策など色々とありましたが、その政策と宮崎県のイメージアップに努めた姿は評価されていますね。



その東国原英夫知事ですが、色々と噂されていますが、次はいよいよ東京都知事でしょうか?



来春の東京都知事選に出馬することは間違いなさそうですね。



石原東京都知事が出馬の意思を明確にしていませんが、東国原英夫知事が出馬となると、大騒ぎでしょうね。


【送料無料】東国原知事は宮崎をどう変えたか

タグ:東国原知事

本田拓也(日本代表) 鹿島へ移籍

現在、日本代表としてカタールで開催されているAFCアジアカップに出場している本田拓也が、清水エスパルスから鹿島アントラーズへ移籍することが決定しました。


本田拓也ですが、法政大学時代からオリンピック代表候補に選出され、最終的には北京オリンピックへの出場を果しました。A代表でも先日のサウジアラビア戦で途中出場し、代表初出場を果たしました。今後が非常に期待されている選手のの一人です。


所属していた清水エスパルスでのレギュラーとして活躍をしたいましたが、Jリーグでも屈指の強豪である鹿島アントラーズへに移籍が自分自身の成長につながると判断してみたいですね。


移籍に関して本田拓也は「アントラーズは伝統あるチームで、そのチームの一員になれることを幸せに感じます。レベルの高いなかでプレーして、自分自身も成長して、優勝に貢献できるように頑張りたいです。よろしくお願いします」とコメントをしています。


鹿島のボランチは小笠原を始め、中田浩、青木剛、そして、青森山田から加入しる柴崎など選手層はかなり厚いです。監督のオリベイラは移籍してきた選手を即レギュラーとして使うタイプの監督でもありません(日本代表として選出されている伊野波も、FC東京から移籍当初はレギュラーとしては扱われませんでした)。


逆にいうと、オリベイラ監督のもと、鹿島アントラーズの厚い選手層をはねのけてレギュラーを獲得したならば、日本代表でのレギュラーの座も引き寄せてくる事になるでしょうね。


2010Jリーグチームエディション清水エスパルスBBM刻印入り直筆サインカード/本田拓也

KARA トラブル内容公表

昨日、降ってわいたようなKARAの所属事務所(DSPメディア)とのトラブルですが、KARAの3名(ハン・スンヨン、ニコル、カン・ジヨ)が正式なコメントを出しましたね。



コメントによると、昨春に所属事務所(DSPメディア)のイ・ホヨン代表が脳梗塞で倒れて以後が問題となったみたいです。


3人のメンバーは主張は「代表の妻であるヒョン代表理事らが現在DSPメディアを運営しているが、芸能界の仕事に対して未経験である経営陣は、メンバーたちの状況を考慮せず、会社の立場と利益のみを掲げていた。そのため、信頼関係を築くことができなかった」とのこと。


又、「所属事務所は、日本国内での活動に関連する『専属契約書』を『日本のアーティスト登録書類』であると偽って署名させ、署名のコピーを要求したが断られた」ということも明らかにしています。


トップが変われば方針がある程度変わってしなうのは仕方のないことだとは思いますが、契約書の件はひどすぎますね。信頼関係が薄れてしまうのも仕方ありません。



ですが、メンバー5名中の2名は(パク・キュリ、ク・ハラ)は今回の契約解除の件に関しては同意していません。



DSPメディアの主張も聞いてみないと何とも言えないところですね。




ちなみに、テレビ東京で始まるKARAのドラマはどうなるんでしょね〜。



全5曲が収録されたKARAのミニアルバムカラ(KARA)-1st Mini Album/Rock U


関連記事
KARA 所属事務所に契約解除申し込み!
タグ:kara

アヴィラ 小倉優子が契約解除!

芸能プロダクションの「アヴィラ」に対して、芸能人がまた1人、契約解除を申し入れました。



契約解除を申し入れたのは小倉優子。そう「ゆうこりん」ですね。


昨年の11月に契約終了確認通知書を送付し、今年に入ってからはアヴィラ」を通した仕事はしていないそうです。


「アヴィラ」は真鍋かをりとも所属契約をめぐり係争中ですし、今回は小倉優子からも。

色々と問題のある事務所なのですかね?




★小倉優子関連記事
小倉優子 結婚

カタール 前代未聞の要求

現在、カタールで開催をされているAFCアジアカップ。



明日、準々決勝の日本対カタール戦が行なわれますが、対戦相手であり開催国にカタールがむちゃくちゃな要求をしてきています。



それは・・・


試合会場と試合時間の変更です!



カタールはアジアサッカー連盟(AFC)に、対日本戦をドーハ市内のアルガラファ競技場で午後4時25分(日本時間午後10時25分)に開始予定を、カリファ競技場で午後7時25分(同22日午前1時25分)キックオフに変更することを要望しているそうです。


要は、1次リーグ3試合と同条件にして慣れた環境で戦いたいとの意図があるみたいですね。



この要求ですが、王室の指示を受けてカタール協会が動いたらしいです。



何でもありですね・・・



自分達の都合でルールを変えようとするとは・・・


申し訳ないが、ワールドカップを開催する資格はないですね!


日本代表にはカタールに思い知らせてほしいですね!

タグ:カタール