2008.09.19

「大田農相」辞任

太田農相と白須敏朗農水事務次官の両名が辞任発表。

閣僚と事務方トップの2人がそろって辞任というおそまつな状況です。




太田農相は辞意表明後の記者会見で「本日、農水省で取り組む当面の再発防止策を決定した。一つの節目だと思う」と述べたそうです。



・・・



・・・



何が「節目」なんでしょ?




まー「じたばた」発言の人の発言に信頼はもてないですが、


辞任という選択肢は間違いないですね。






太田農相は途中で政権を投げ出す福田首相が選出した大臣ですから、こんなものかも知れないですね。







しかし、福田首相のやる気のなさ。腹立ちます!
タグ:政治

この記事へのコメント
■農水次官「責任ない」発言を撤回 汚染米不正転売問題 更迭!!―農水大臣も更迭すべき!

こんにちは。今回の三笠フーズ事件を端緒とする諸々の出来事により農林水産行政のシステム・制度疲労が明らかになってきたと思います。これらを直すには、今までの延長線上で考えていては同じことの繰り返しになると思います。こういった仕事は現場からの叩き上げでは無理であって、エリート組みによる根本的なシステムの作り直しが必要と考えます。しかし、エリートたるべき事務次官がこの体たらくでは、どうしようもありません。次官は更迭だそうですが、当然のことです。農水相も、辞任はさせずに更迭すべきものと思います。そうして、新たなシステムを構築すべき時に来ていると思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2008.09.19 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック