2009.10.29

広島、満点のドラフト

2009年のドラフト会議がほぼ終了しました。


注目の菊池雄星投手は西武が交渉権を取得しました。


今回のドラフトで満点とも言えるドラフトだったのは広島ではないでしょうか。

1位に春の選抜大会優勝投手の清峰・今村選手、2位は夏の優勝校のエースだった中京大中京・堂林選手の春夏の甲子園の優勝投手の交渉権を獲得しています。

長いドラフトの歴史でも春・夏の優勝投手が同チームに指名されるのは始めてではないでしょうか?

今村堂林の両選手とも甲子園での活躍し、菊池投手率いる花巻東に甲子園で勝利しています。

菊池選手同様、今後の今村堂林の両選手のも注目ですね。


(↓↓↓↓↓今村堂林選手の活躍です。)




「MURAの日々日記」のトップへ



タグ:広島

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131510346

この記事へのトラックバック