2009.11.30

内藤、防衛ならず!

本日、ボクシングのWBCフライ級タイトルマッチの内藤対亀田の試合が行われました。

因縁ある両名の試合はは亀田選手が判定で内藤選手を判定で下し、新世界チャンピオンとなりました。

試合そのものは最初から最後までフェアな一戦でした。序盤から亀田選手のペースで試合は行わました。4Rのスコアリング発表では3名中2名がドローと思ったよりも差が出ていなく、亀田選手も意外な顔をしていました。しかし、8R終了時のスコア発表では2〜4ポイントの差が付いており、最終的は6ポイント位の差が付いていました。試合を見た感じでは勝つべき選手が順当に勝利をおさめたと言った感じの試合でした。

本日戦った両名ですが、亀田選手はもともと3階級制覇という目標をもっており、今後は何度か防衛を成功した後、王座を返上し、階級を再び上げるものと思われます。逆に内藤選手ですが、年齢的な事もありますので、今後の進退はそう簡単には決まらないと思われます。

試合が終了したとは言え、今後もこの両名は気になりますね。


以下、毎日新聞抜粋
「35歳のベテランボクサーは、潔く敗戦を受け入れた。さいたま市のさいたまスーパーアリーナで29日に行われた世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ。王者、内藤大助選手は12歳下の挑戦者、亀田興毅選手に敗れ、6度目の防衛はならなかった。2年前の防衛戦では、対戦した「亀田3兄弟」の次男、大毅選手の相次ぐ反則が問題に。しかし、この日は真っ向勝負のフェアな戦い。内藤選手は「相手の方が強かった。負けた自分が弱かった」と話し、今後の去就については「ゆっくりと考えます」と言葉少なに語った。


 中学時代にいじめられ「強くなりたい」と思い続けて21歳で宮田ジムに入門。初の世界戦では、日本選手として史上最短の一回34秒TKO負けを喫するなどの挫折を味わいながらも、07年7月に悲願の王座を獲得した。

 同年10月の初防衛戦では、亀田大毅選手の度重なる反則行為にもクリーンな戦いに徹して判定勝ちし、時の人になった。世界王者になる前は月12万円のアルバイト生活を送っていた苦労人ぶりなども世間の共感を呼んだ。

 この日は序盤から積極的にパンチを繰り出すものの、ガードの堅い亀田興選手の前に劣勢に立たされた。二回にはストレートを受けた鼻から多量の血が噴き出した上、十回にも右目の上から出血。だが、出身地の北海道豊浦町から訪れた応援団らの大声援を背に、最後まで果敢に前に出て打ち合う姿勢を失わなかった。

 試合後は「期待に応えられなくて申し訳ない」「情けない」と、観客への謝罪を繰り返した内藤選手。その言葉とは裏腹に、ファンからは「ありがとう」という言葉が掛けられた。

 試合前に「フェアな戦いをしましょう。世界タイトルマッチにふさわしい試合を」と話していた亀田興選手は、リング上で勝利者インタビューを受けた後、最後にこう言った。「内藤選手、ありがとうございました」  」


「MURAの日々日記」のトップへ。







タグ:亀田 内藤

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134278270

この記事へのトラックバック