2010.10.05

小沢一郎 権力闘争

民主党の元幹事長の小沢一郎が、東京第5検察審査会の議決が公表された後、東京都内の個人事務所で自らに近い議員と会談したそうです。


その際、小沢氏は「これは権力闘争だぞ」と述べ、涙を流しながら自らの正当性を訴えたそうです。

結局、小沢一郎は裁判で審査されることになりました。今後は裁判を通して判断されることになりますが、もし、裁判で無実となったらどうなるのでしょう?

罪がある場合は、もちろん小沢一郎が責任を取らないといけないわけですが、小沢一郎に罪がなければ?

逆に検察審査会の存在意義にも関わりそうですね。

⇒なかなか刺激的です「小沢一郎完全無罪
⇒対立が良くわかります「検察vs.小沢一郎
⇒たしかに、、、「闇将軍




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック