2010.12.06

本田圭佑 アトレチコ・マドリー移籍!?

今冬の移籍が確実と言われている本田圭佑ですが、ここへきて、アトレチコ・マドリーへの移籍の話が出てきています。

以下、スポニチアネックス抜粋「
スペインの名門Aマドリードが、来年1月の移籍市場でCSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(24)の獲得に動いていることが5日、明らかになった。本田の移籍に関しては、リバプールとの交渉が水面下で進んでいたが、ここにきてAマドリードも交渉を開始。夢のRマドリード移籍に向け、同じスペインでアピールを目指す可能性が出てきた。

 本田が目標とするスペインリーグ移籍がにわかに現実味を帯びてきた。10年W杯南アフリカ大会後の昨夏も獲得に動いたAマドリードが、ここに来て再び獲得に乗り出していることが判明。CSKAモスクワに近い関係者が「CSKAとAマドリードは既にクラブ間で何度も交渉している」と証言した。

 来年1月に欧州ビッグクラブへの移籍を目指す本田には、いち早くリバプールが動き出していた。こちらも既にクラブ間交渉に入っており、英国では移籍金900万ポンド(約12億円)と具体的な数字も報じられている。そこに待ったをかけたのが、かねて日本人選手獲得に熱心だったAマドリードだ。同関係者は「Aマドリードが猛攻をかけている。お金次第では成立する可能性が高い」と話した。

 関係者によると、本田はすでにCSKA側に来年1月での移籍希望を伝えており、CSKA側もそれを容認する方針という。あとはCSKAと移籍先とのクラブ間交渉が成立するかどうか。リバプールか、それともAマドリードか。移籍市場が再開する来年1月に向け、本田周辺が風雲急を告げてきた。

 ▽アトレチコ・マドリード 1903年創設。同じホームタウンのレアル・マドリードは宿命のライバル。リーグ優勝9回、国王杯優勝9回。62年に欧州カップウィナーズ杯制覇。昨季は欧州リーグで初代王者に輝いた。本拠地はビセンテ・カルデロン(5万4851人収容)。キケ・フローレス監督。


先日はリバプールへの移籍が濃厚と言われていましたが、こうなると、どこが本命か良くわかりませんね。

ただ、CSKAモスクワに残留することはなさそうですね。


本田圭佑選手の最新版カレンダーです。CL-352 2011スーパーヒットカレンダー 本田圭佑

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック