2010.12.16

竜王戦 渡辺明が防衛 羽生善治「永世7冠」ならず 

将棋界の最高位を争う第23期竜王戦の決着が着きました。


渡辺明竜王が挑戦者・羽生善治名人との七番勝負第6局が行われていましたが、渡辺明竜王が146手で勝ち、4勝2敗で防衛、竜王連覇記録を7に伸ばしました。


渡辺明は5連覇達成で初代の永世竜王の資格(5連覇か通算7期が条件)を獲得!


逆に、竜王通算6期の羽生善治は、永世竜王の資格のチャンスを逃しました。


羽生善治は7タイトルの永世称号のうち、永世竜王だけはまだ持っておらず、今年も全制覇を渡辺に阻まれた形となります。



以前、羽生善治の本(決断力)を読んだことがありますが、何手も先を読み、指していくそうです。


どんな頭の回転をしているのでしょうか?



2〜3手先も読めません・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック