2010.12.23

浅田真央 全日本選手権がラストチャンス

浅田真央にとってはラストチャンスとなります。



24日に開幕するフィギュアスケートの全日本選手権、この大会で1、もしくは2位に入らないと、来春に東京で開催される世界選手権への出場が厳しくなります。


今シーズンは、オフに施したジャンプの修正が間に合わず、グランプリ(GP)シリーズはNHK杯は8位、フランス杯は5位と、過去最低の成績に終わっています。


日本女子の世界選手権代表枠は「3」。日本スケート連盟の橋本聖子会長は「過去の実績で特別扱いしない」という方針を示しており、その座を勝ち取るには結果を残すしかありません。


GPファイナルで銅メダルを手にした16歳の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)に関しては、よほどのミスが全日本選手権でおこさない限り、代表に選出されると思います。


となると、あと枠は「2」。


その枠をバンクーバー五輪組の安藤美姫や鈴木明子との争うことになります。



結果次第では、昨年のバンクーバー五輪の銀メダリストで、世界選手権チャンピオンの浅田真央が世界選手権に出られないということになりまねません。


浅田真央は「「7、8割のところまで来ている。いい方向に来ているのは間違いない。全日本は、本当にラストチャンス。自分がどれだけ出来るのか、自分自身が期待している」と言っています。


期待したいですね。



【送料無料】浅田真央奇跡の軌跡


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック