2011.01.20

KARA トラブル内容公表

昨日、降ってわいたようなKARAの所属事務所(DSPメディア)とのトラブルですが、KARAの3名(ハン・スンヨン、ニコル、カン・ジヨ)が正式なコメントを出しましたね。



コメントによると、昨春に所属事務所(DSPメディア)のイ・ホヨン代表が脳梗塞で倒れて以後が問題となったみたいです。


3人のメンバーは主張は「代表の妻であるヒョン代表理事らが現在DSPメディアを運営しているが、芸能界の仕事に対して未経験である経営陣は、メンバーたちの状況を考慮せず、会社の立場と利益のみを掲げていた。そのため、信頼関係を築くことができなかった」とのこと。


又、「所属事務所は、日本国内での活動に関連する『専属契約書』を『日本のアーティスト登録書類』であると偽って署名させ、署名のコピーを要求したが断られた」ということも明らかにしています。


トップが変われば方針がある程度変わってしなうのは仕方のないことだとは思いますが、契約書の件はひどすぎますね。信頼関係が薄れてしまうのも仕方ありません。



ですが、メンバー5名中の2名は(パク・キュリ、ク・ハラ)は今回の契約解除の件に関しては同意していません。



DSPメディアの主張も聞いてみないと何とも言えないところですね。




ちなみに、テレビ東京で始まるKARAのドラマはどうなるんでしょね〜。



全5曲が収録されたKARAのミニアルバムカラ(KARA)-1st Mini Album/Rock U


関連記事
KARA 所属事務所に契約解除申し込み!
タグ:kara

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック