2011.07.04

U-17日本代表 ブラジルに惜敗

U-17ワールドカップで予想以上の戦いぶりをしていたU-17日本代表。
本日、ベスト4をかけ、U-17ブラジルと戦いましたが、、、

残念ながら2−3の惜敗。後半残り15分からの怒涛の攻撃はブラジル代表をかなり追い込みましたが、いかんせん3失点は、、、

この試合ですが、ちょっと日本代表にとっては不運でした。

会場が、雨が多い地域とのことで、グランドが水分を含んだ状態でした。
そうなると、当然、日本の武器である、パスサッカーは思うように行きませんでした。
その点、ブラジルはグランド状態から、ドリブルを中心とした、個人技中心のサッカーで試合を進める形に。

今大会でも間違いなく1番個人技のあるチーム相手に、自分たちのサッカーが出来ない条件での試合でしたので、条件としては、最悪といっても良い形でのスタートでした。

試合が進むに連れ、グランドコンディションにもなれはしてきたのですが、ベストのコンディションのもとで、試合が出来ればという思いますありますね。

ま、それも含めてサッカーと言えば、おしまいなんですが。。。

しかし、今回のU-17日本代表ですが、本当に良い戦いをしてくれました。ベスト8という結果だけでなく、やはり、その方向性が素晴らしかったです。

民族的にどうしてもフィジカルで不利になりやすい日本人としては、やはりパスでボールを素早くまわし、ポゼッションを高め、ボール支配率を高めていく。そして、チャンスの数を多くしていく。このサッカーなのかと。

もちろん、フィジカル面なども含めた、個人のレベルアップは必要ですが、方向性としては組織力なのかなと。


今大会を率いた吉武監督は、記者会見で「2016年の五輪、18年、22年のW杯でもう一度(ブラジルと)対戦し、もっといい試合をしてくれると信じている」と期待を募らせたそうです。

そう思えるだけの活躍を、U-17日本代表は今大会でしてくれましたね!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック