2010.10.12

日韓戦 朴智星が欠場

本日の日韓戦ですが、マンチェスター・ユナイテッド所属の朴智星が怪我の為、欠場することが判明しました。


朴智星はもともとJリーグの京都に所属しており、そこから、オランダのPSV、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドと、超一流チームにステップアップ行きました。

当時の京都は、天皇杯で優勝するなど、良い成績を残していましたが、朴智星や松井大輔が所属するなど、今考えると、すごいメンバーがそろっていたんですけどね、、、

本日の日韓戦は、その朴智星と松井大輔の対決という意味でも期待をされていただけに、残念ですね。
2010.09.08

西尾由佳理 結婚

日本テレビの西尾由佳理アナが結婚するみたいですね。


残念です。




西尾由佳理アナのこの笑顔がみれなくなるのでしょうか?

残念です。

ファンだったのに、、、
2010.08.17

岡田監督 WOWOW解説者に

日本代表を率いてワールドカップでベスト16という成績を収めた岡田監督(いや、岡田元監督)。

BS放送のWOWOWと専属解説者契約を結んだそうです。

中東チームから監督就任のオファーがあったそうなんですけどね。。。

海外チームで監督をした人を知らないで、オファーを受けてみても良かったのでは、、、とも思いますが、

岡田監督のWOWOWでの解説、楽しみですね。


しかし、岡田監督ほど、評価がころころ変わる監督はいないですね。代表監督である以上、しかたないですけど。
0勝3敗
岡田監督信念のリーダーシップ

とても、同じ人物とは思えません。
2010.08.13

ビクトル・フェルナンデス 日本代表監督に前向きな発言

連日話題となっている次期日本代表監督。その最有力であり、一部には内定をとも言われているビクトル・フェルナンデス氏が、日本の新聞社の取材に対して、就任に意欲を示す発言をしました。

日本協会からの接触を認め、「代理人のところに連絡が来ている。そういう話があることには感謝しているし、興味深い」と発言をしているそうです。

色々な人が噂となった次期日本代表監督ですが、どうやらビクトル・フェルナンデス氏に決まりそうですね。



岡田監督信念のリーダーシップ
2010.08.10

吉田えり





吉田えり・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・
をしている感じがするので気分がいいです。 吉田えりって、たくさんアイテムがあるよね。特に楽天かな。 【送料無料】 DVD/吉田えり/吉田えり 17歳 職業・プロ野球選手/PCBG-10987 吉田えり 17歳 職業・プロ野球選手吉田えり発売日:2009年1 2月16日品 種:



スポーツ雑感30
ていたのだが、 ゴールデンベースボールリーグのカルガリー・バイパーズへ移籍 することになったそうな。ゴールデンベースボールリーグと言えば、 チコアウトローズの吉田えり投手のいる独立リーグで、 マック鈴木投手 は昨年もこのチームに所属していた。 35歳という年齢を考えれば、MLBへの





タグ:吉田えり
2010.05.11

香川 ドルトムントへ

香川(C大阪)のドルトムントへの移籍が発表されましたね。




ドルトムントは数年前にはメラーを要して、チャンピオンズ・リーグにも優勝したことのある名門です。

ここ数シーズンはドイツ国内でも優勝こそしていませんが上位に付けています。


香川は残念ながらワールドカップには選出さえませんでしたが、ドルトムントで成長をし、次回のワールドカップでは主力になってほしいですね。






2010.04.29

インテルミラノ 決勝進出

ヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝のセカンド・レグ、インテル・ミラノ対バルセロナの試合が行われました。




バルセロナが1−0で勝利しましたが、ファースト・レグの結果が3−2のインテル・ミラノの勝利だった為、合計スコア3−2でインテルミラノの勝利となり、インテル・ミラノの34年ぶりのチャンピオンズ・リーグの決勝進出となりました。

ここ数年同じ町のACミランは優勝することはあっても、インテル・ミラノはとんとありませんでした。

インテルファンにとっては、チャンピオンズリーグ優勝は悲願でしょうから、決勝が楽しみでしょうね。

決勝のカードは「インテルミラノ 対 バイエルン・ミュンヘン」です。

楽しみです。
2009.04.13

中田英寿 活動再開

以下、読売新聞から抜粋。

「サッカー元日本代表の中田英寿さん(32)が率いるサッカーチーム「テイクアクションFC」が12日、中田さんの故郷・甲府市の小瀬陸上競技場で、J2のヴァンフォーレ甲府と親善試合を行った。

 地方活性化の目的で、元日本代表選手らで構成されるチームを各地に派遣する取り組みの第一弾。約15年ぶりに地元でプレーする中田さんや、名波浩さん(36)、前園真聖さん(35)らの雄姿を見ようと、約1万6000人の観客が詰めかけた。

 2点を先制されたテイクアクションは後半、中田さんの正確なクロスにアトランタ五輪代表の松原良香さん(34)が飛び込み、1点を返した。1−3で敗れたが、中田さんは「多くの人が見に来てくれ、盛り上がった」と満足そうだった。 」


中田英寿元選手がいよいよ本格的な活動を始めました。引退をして2年以上立ちますが、中田英寿元選手のその存在感、カリスマ性は衰えていません。中田英寿元選手のこれからの活躍が楽しみですね。

⇒ 「MURAの日々日記」のトップへ
タグ:中田英寿
2009.04.02

オーストラリア ワールドカップへ

南アフリカワールドカップ予選が世界各地で行われています。


日本が所属するアジア最終予算A組ではオーストラリアがウズベキスタンに2−0で快勝し、勝ち点を13まで積み上げ、ほぼ間違いなくワールドカップ出場権を獲得した状況です。


日本も勝ち点11で、残り3試合で1勝をすればワールドカップ出場権を獲得する状況となっています。


アジア最終予算A組に関しては、日本、オーストラリアのワールドカップ出場はほぼ間違いありません。アジアのプレーオフに進める3位をバーレーン、ウズベキスタン、カタールのどの国が手にする事が出来るのかが今後の注目点になりそうですね。



ヨーロッパでは6組では首位イングランドがウクライナに2−1で競り勝ち、無傷の5連勝。5組の欧州王者スペインはトルコに2−1で逆転勝ちし、6戦全勝で首位。9組首位のオランダはマケドニアに4−0で快勝し、5戦全勝。7組のフランスはリトアニアを下し、首位セルビアに勝ち点差2の2位に浮上。8組の首位イタリアは2位アイルランドと1−1で引き分け、4組では首位ドイツ、2位ロシアともに勝利と、強豪が順調に結果を出していますね。




一番の驚きは南米予選でしたね。


ワールドカップ本大会でも間違いなく優勝候補に挙げられるアルゼンチンがボリビアを相手に1―6での大敗をしました。マラドーナが監督となっての初黒星です。

試合会場が標高3600メートルの高地での試合で行われ(富士山頂上と同じ位の場所!!)ていますので、仕方ないか...と思います。(富士山に登ったことはありますが、富士山の頂上でサッカーなんて無理です!)


ワールドカップ本戦よりもある意味面白いのはワールドカップ予選と思います。これから世界各地で大詰めとなりますので、楽しみですね。


「MURAの日々日記」のトップへ
2009.03.18

G大阪、ACL2連勝!

アジア・チャンピオンズリーグ(以下ACL)のF組第2戦が行われました。昨季のアジア王者・G大阪はFCソウルと敵地で対戦し、4−2で勝利しました。


世間ではWBCの話題で一色の中、ひそかに開幕をしていたACLですが、サッカー界においては、対世界という意味で重要な大会です。


一昨年は浦和が、昨年はG大阪が優勝を果たし、年末に開催をされるクラブ・ワールドカップへの出場を果たしました。クラブ・ワールドカップでは両チームとも、準決勝でACミラ、マンチェスター・Uといった世界屈指の強豪チームと真剣勝負を行う機会ががあり、非常に貴重な経験をしています。


日本サッカー界のより発展の為にも、世界の強豪チームと真剣勝負を行うことは重要であり、世界に繋がるACLは以前に比べて、日本サッカー界において重要な大会となっています。


今大会には日本から鹿島、G大阪、名古屋、川崎と出場をしています。


注目を浴びるのが、昨年のチャンピンであり、クラブワールドカップでも3位に輝いたG大阪です。


昨年の過密日程、かつ、タイトル獲得によるモチベーションの低下、又、今シーズンのプレシーズンマッチでの低迷等、今シーズン前のG大阪の評判は決してよいものではありませんでした。ですが、いざ今シーズンが始まると、Jリーグでは開幕2連勝。そして、ACLでも2連勝。素晴らしいスタートを切りました。


G大阪は昨年、Jリーグでは低迷をしていますので、今シーズンはJリーグとACLの両タイトル制覇を目標としています。マークも集まるので、厳しいシーズンになりますが、今シーズンをどのように戦っていくのかが楽しみですね。


⇒MURAの日々日記のトップへ
2009.03.05

広島に注目!Jリーグ開幕

Jリーグがいよいよ開幕です。


3/7・8に全国の各地でJ1、J2が共に一斉に開幕。年末までの長いシーズンの始まりです。



今シーズンは「鹿島」「G大阪」「浦和」などが例年同様に優勝争いに絡んでくると思います。



その中で、MURAが注目しているのは「サンフレッチェ広島」。


昨年、J2で優勝。その攻撃的なサッカーは見ていて気持ち良いものでした。年末の天皇杯でもJ1勢に負けずベスト8、負けた柏戦も内容的には広島の圧勝だったと思っています。


広島はメンバー的にもFWの佐藤や森崎兄弟を始めとして、柏木、槙野、高荻など若い年代の時から注目をされていた選手達が中心選手となってきており、今後がより期待されるメンバーとなっています。


広島が2年ぶりのJ1でどこまで戦えるか、注目しています。













2009.02.03

名前間違え退団!?

ニューカッスル(イングランド)に所属するフランス人MFシャルル・エンゾグビア(22)が「ジョー・キニアー監督に侮辱された」として退団を表明。



侮辱の内容とは。。。



監督がテレビインタビューで名前の発音を間違えたからと。。。。



たしかに、失礼な話ですが、決して侮辱ではないでしょうし。まして退団とは。。。



他チームでの移籍への口実にしたと思われても仕方ないですね。




申し訳ないが、シャルル・エンゾグビアという選手は全然知りませんでしたが、この騒動で覚えてしまいました。



でも、すぐ忘れるでしょうね。。。
2009.01.13

大迫、怪物の片鱗!

昨日、高校サッカーの決勝戦が行われました。


広島皆実が鹿児島城西を3−2で破って、初優勝。


これで、4年連続の初優勝校となりました。



個人的には、評判の選手「大迫」に注目をしてみていました。



大会新となる10点を挙げた得点力もさることながら、ボールを保持した時の加速力。これが「他の選手と違うな」という感じでした。TVで見るだけでも違いがわかるので、対面している相手選手にはとんでもないスピードに見えたのでは。。。と思います。



その大迫選手、選手育成には定評のある鹿島への入団が決まっています。

鹿島の担当者は「柳沢以来の衝撃」と述べているそうです。

鹿島でどのような選手になるのか、楽しみですね。






タグ:サッカー
2008.11.20

大久保、ボルフスブルクへ移籍か!

日本代表FWの大久保にドイツのボルフスブルクへの移籍話が出ているそうです。


神戸にはボルフスブルクから水面下での交渉では20億円という巨額移籍金を提示されたそうです。



大久保にとっては良い話でしょうね。ボルフスブルクは長谷部を在籍し、マガト監督自身が積極的との事。チームに上手くなじみやすい環境が揃っているかなと。。。



ですが、神戸にとっては痛いですよね。今の神戸は間違いなく大久保のチーム。大久保が抜けるとチーム構成を一から考えないといけないでしょうね。


日本代表にとっても必要不可欠な選手になりつつありますし、今オフの大久保の同行に注目ですね。





タグ:サッカー
2008.11.18

高校サッカー選手権、組合決定!

高校サッカー選手権の組合せが発表されました。


高校総体の優勝校、市立船橋は香川西と。昨年の準優勝校の藤枝東は境校。全日本ユースの3位校の作陽は星陵と対戦します。


今回の組合せをみると強豪が偏ることなく適度に散ったという感じです。


個人的には市立船橋に注目です。


高校総体は2連覇していますが、ここ数年は以前のように選手権に出て来ていません。(決して弱くなったわけではありませんが...)


高校総体の覇者として、又、前年優勝校を輩出して千葉県の代表として、どのような戦いをするのか注目です。


タグ:サッカー
2008.11.12

国見、どうした!

高校サッカー選手権の長崎県予選決勝が日曜日に行われました。


優勝は長崎日大高校。


2位は海星高校。




国見は?


国見は?


国見は?



長崎県と言えば国見高校でした。


初出場で選手権2位になると、その後毎年のように上位進出。
一時、全国で勝てない年が続きましたが、大久保や松橋、平山達が在学していた時は、半端じゃない強さでした。



ですが、小峯監督が去った後、国見の低迷が始まっています。



昨年も選手権の出場を逃し、そして、今年も。。。



来年、出場できなかった場合、国見高校はしばらく姿を見せなくなるかもしれないですね。。。




小峯監督は戦術的には非難も多かったですが、結果を残していました。そして、選手を育てていました。



改めて指導者の大切さがわかります。



もう一度、国見のユニフォームを国立でみたいですね。








タグ:サッカー
2008.10.24

ベッカム、ミランに緊急移籍!

ベッカムがACミランにレンタル移籍です。






んんーー、ミランはどうなっているんでしょう???



ネームバリューのある選手ばかりとっていますが、決してバランスが良いとは思えません。



まー、会長の好みといってしまえばそれまでですが。。。




ミランの中盤は層が厚いし、決してベッカムが必要とは思えません。

まして、今年のミランはチャンピオンズ・リーグにも出場しないので選手層を必要以上に厚くする必要なないんだど。。。


とりあえず、監督は頭痛いでしょうね。


獲得した以上、使わないといけないし。かといって、決して必要でもないし。


んんーー、納得出来ませんね。






2008.09.17

日本開催!?ワールドカップ!

ワールドカップ開催の打診をFIFAから日本サッカー協会が受けたそうです。


と言っても、南アフリカでの開催が行えなくなった場合の話。



ですが、前例がないわけでもありません。


マラドーナの5人抜き、神の手で有名なメキシコ・ワールドカップはもともとコロンビアの開催予定でした。


ですが、コロンビアでの開催が不可能となり。メキシコでの開催となった経緯があります。


FIFAが打診してきたのには、下記の理由もあります。


2010年のワールドカップ開催予定国である南アフリカは色々と問題があります。
会場の建設の遅れや治安の悪さ(最初から分かりきっていたことだけど)など。
ここ最近、一番問題になっているのは「代表チーム」の弱さです。


今年に入り、代表は8試合を行って1勝のみ。アフリカネージョンズ・カップ(アジアで言うとアジアカップ)では予選で敗退し、本線に進めない始末。

FIFAのブラッター会長(アフリカでの開催を強く勧めた張本人)も「南アフリカサッカー界のリーダーたちと率直な言葉で話し、時間切れになろうとしていると伝える。今が最後のタイミングだ。彼らは何か対策を講じねばならない」と語り、早急に対策を練るように南アフリカに発破をかけるみたい。


そんな状況なので、FIFAとしても保険を掛けときたいんでしょうね。
中止になったらえらいことです。スポンサーの賠償問題にも下手したななりかねない。


南アフリカワールドカップ予選がいつの間にか日本ワールドカップ予選に変わっていたらビックリですね!















タグ:サッカー
2008.08.21

鈴木啓太、結婚!

鈴木啓太選手が結婚です。




浦和レッズでは不動のボランチとして活躍。


日本代表でもここ数年は常連となり、秋から行われるアジア最終予選では活躍が期待される選手の一人です。


現在、日本代表の13番と言えば、鈴木啓太選手です。

(鈴木啓太選手の13番ですね。)





その鈴木啓太選手のお相手とは...





(鈴木啓太選手です。)

続きを読む
タグ:サッカー
2008.08.12

高円宮杯全日本ユース組合せ決定

高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権大会1次ラウンドの組み合わせ抽選が行われました。高校とユース勢が唯一試合を行う大会、ある意味、この年代の真の日本一を決める大会と言っても過言ではありません。

個人的にはグループEが楽しみです。インターハイを制した市立船橋、名門の東京ヴェルディ、セクシーフットボールの野洲、どのチームも特徴があり、最激戦のグループになりそうです。


1次ラウンドのグループ分けは以下のとおり。

グループA:浦和レッズユース、横浜F・マリノスユース、青森山田高校、名古屋グランパスU−18
グループB:前橋育英高校、愛媛FCユース、鹿児島城西高校、アルビレックス新潟ユース
グループC:セレッソ大阪U−18、作陽高校、コンサドーレ札幌ユースU−18、ベガルタ仙台ユース
グループD:静岡学園高校、柏レイソルU−18、広島皆実高校、流通経済大学付属柏高校
グループE:野洲高校、ジュビロ磐田ユース、東京ヴェルディユース、市立船橋高校
グループF:桐光学園高校、サンフレッチェ広島ユース、ガンバ大阪ユース、FC東京U−18


人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ