2010.10.24

高橋大輔 浅田真央

NHK杯で高橋大輔が3年ぶり3回目の優勝を果たしました。

高橋大輔はショートプログラムで1位となり、フリーではジャンプでの転倒こそありましたが、安定した演技を披露。
ショート、フリーとも、問題になる内容はありませんでした。

さすが、メダリスト!といった感じです。

Be soul


逆に心配なのが浅田真央

どうも、ここ数シーズン、はっきり言って良くありません。
昨年のオリンピックでも、メダルは獲得しましたが、浅田真央のポテンシャルから考えれば、金メダルを獲得しないといけないはずでした。
それは、浅田真央本人が一番良くわかっていると思います。

最近浅田真央のことで話題になるのが、コーチ陣のことです。
ようは、環境が整っていないということなんでしょうね。

その辺が、高橋大輔浅田真央の違いかも知れませんね。

MAO
2010.10.23

村上佳菜子 NHK杯3位、浅田真央 惨敗

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦 NHK杯の2日目が行なわれました。

見事に村上佳菜子が3位となり、シニアデビュー戦で表彰台に上がりました。

村上佳菜子は世界Jrでも優勝をしており、シニアでの活躍も期待されていました。期待通りのシニアデビューとなりました。村上佳菜子の今後が楽しみです。

さて、問題なのは浅田真央


今日もジャンプのミスが目立ち、結局8位という成績でした。惨敗です。

この成績はシニアデビューからみても、一番悪い成績です。


昨年シーズンから、イマイチ浅田真央はよくありません。昨年、バンクーバーで銀メダルを獲得しましたが、ポテンシャルを考えると、金メダルをとる能力は十分にあったはずです。


得意のジャンプはここ数シーズン悪いので心配ですね。


はやく、浅田真央のこの笑顔を見たいですね。

高橋大輔 SPトップ

高橋大輔が出場してるNHK杯のSPで1位のスタートとなりました。

高橋大輔


昨年のバンクーバー五輪で銅メダルを獲得し、世界選手権では日本男子初となる金メダルを獲得した高橋大輔


次回のソチオリンピックに向けて、好スタートとなりましたね。


心配なのは、逆に浅田真央。
得意のジャンプを1回も成功しませんでしたからね。。。

 

どちらにしても、フリーが楽しみです 。


 

2010.10.22

村上佳菜子 NHK杯

村上佳菜子がフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦・NHK杯の女子ショートプログラム(SP)で2位の好スタートを切りました!



ポスト浅田真央とも言われている村上佳菜子。


今回のNHK杯ではその浅田真央を上回るスタートです。(浅田真央は8位スタート)


ソチ五輪に向けての期待のホープがシニアデビュー戦で、好スタートを切りました!
2010.10.04

朝青龍 断髪式

世間を騒がせ続けた横綱・朝青龍。


引退セレモニーの断髪式が行なわれました。


涙目でしたが、最後は投げキッスに、ガッツポーズと、やりたい放題でしたね。


朝青龍はスケールが大きすぎて、大相撲という枠にとどめておくのは、無理だったのかも知れないですね。


⇒朝青龍批判の要因の一つとなった問題を別角度から「nakata.net(06ー08)

2010.09.03

錦織圭 全米

錦織圭全米オープンテニスの2回戦で、第11シード(世界ランキング13位)のマリン・チリッチをフルセットの末に破り、3回戦に進出しました!


初出場の2008年にはベスト16入りを錦織圭はしています。その後、怪我との戦いで、試合にすらなかなか出場できない状態が続いていましたが、ついに復活ですね!

世界からも「エア・ケイ」として注目を浴びている錦織圭全米オープンテニスの3回戦も期待大ですね!


錦織圭、エナン使用モデル【ガット・張り代・送料無料】ウィルソン(WILSON) テニスラケット...
2010.08.16

本橋麻里 「ロコ・ソラーレ」を結成

カーリング日本代表の本橋麻里選手がチーム青森を脱退して、地元野呂出身のメンバーで「ロコ・ソラーレ」を結成。

今後、本橋麻里選手は「ロコ・ソラーレ」でオリンピック出場を目指すそうです。


チーム青森は、小野寺歩選手や林弓枝が所属していた「シムソンズ」をベースとしたチーム。その「シムソンズ」はもともとが野呂のチームでしたので、本橋麻里選手が地元の野呂に戻って新たなチームを立ち上げるというのも、おかしな話ではないですね。
(シムソンズは加藤ローサ主演で映画化されてます。なかなか面白いですよ。)

シムソンズ

チーム青森にはオリンピックに出場した近江谷選手もいますので、今後、オリンピック出場をかけた戦いが楽しみですね。



2010.08.14

石川佳純 3連覇

石川佳純が3連覇です。


沖縄で行われている高校総体、卓球女子で日本代表の石川佳純(四天王寺3年)が史上初の女子シングルス3連覇を達成しました。

世界選手権などで活躍しているので、勝利して当たり前と思われていますが、プレッシャーもあったと思います。その中での3連覇。すごいですね。

石川佳純はかわいいですし、これから、ますます人気がでそうですね。
タグ:石川佳純
2010.04.04

古閑美保 優勝

古閑美保が2振りに優勝しました。




2年前の賞金女王でありながら、自信の恋愛騒動や、若手の成長で少し影が薄くなっていました。

しかし、実力はありますね。やはり。


この優勝で今年の古閑美保の活躍が期待できそうですね。


古閑美保の検索


タグ:古閑美保
2010.03.28

浅田真央 世界選手権

やりましたね!浅田真央選手!
MAO

イタリア・トリノで行われている世界選手権。


バンクーバー五輪で銀メダルだった浅田真央選手が金メダルを獲得です!

次のソチ五輪を目指すことも既に公言している浅田真央選手。

ソチ五輪に向けて良いスタートを切ったことになりますね。来年以降の活躍にも期待が出来そうです!


今回の世界選手権は男子の高橋大輔選手も金メダルを獲得しましたし、日本フィギア界のレベルの高さが改めて証明されましたね。


フィギュアスケート女王の浅田真央ちゃんエアロちゃんぬいぐるみ (M)【浅田真央】【トイプー...
タグ:浅田真央
2010.03.26

高橋大輔 ニュース

高橋大輔、バンクーバーオリンピックに続き快挙の達成!


バンクーバーオリンピックで銅メダルを獲得した高橋大輔選手ですが、イタリア・トリノで行われたフィギアスケート世界選手権で日本人初となる金メダルを獲得しました!


イタリア・トリノと言えば、前回のオリンピックが開催された場所です。前回のトリノオリンピックにも出場をした高橋大輔選手。8位という悔しい成績に終わった場所での金メダル獲得。オリンピックでの活躍といい、高橋大輔選手にとっては本当によいシーズンとなりましたね!


 ⇒高橋大輔〜フェイヴァリット・ミュージック〜


2010.03.23

小椋久美子 退社

オグシオをもう一度見たかったファンも多かったでしょうね。


熱闘 オグシオ Road to Champion




オグシオのオグこと小椋久美子選手が所属していた三洋電機を20日付で退社したそうです。



小椋久美子選手は北京五輪にオグシオペアで出場し、5位入賞。同年の全日本選手権での優勝を最後にオグシオペアを解散しました。




美貌・実力を共に兼ね備えたペアでしたので、オグシオは非常に人気が高かったですよね。




小椋久美子選手は今後の活躍も期待されていたので、非常に残念ですね。
2009.08.21

インフル騒動の立正大湘南

高校野球が熱戦中です。

今大会は有力校が序盤で敗退をしており、先が読めない大会となっていますね。

その中でも島根県代表の立正大湘南高校ですが、選手が新型インフルエンザに感染し、現在行われている試合では13人の選手で試合をしています。

大会の終盤となり、各チームともに2〜3試合をこなしていますので、試合に参加出来る選手が少ないというのは、肉体的にも精神的にも厳しいと思います。

8回表が終了した時点で、3−6と新潟代表の日本文理に負けています。現在、いろいろな意味で注目を浴びている立正大湘南高校。あと1回の攻撃ですが、頑張ってほしいですね。


「MURAの日々日記」のトップへ
2009.04.16

イチロー 千両役者

さすがイチロー、役者です。



復帰戦で2安打。しかも、その2安打目の満塁ホームランは、張本勲氏の日本プロ野球最多安打記録に並ぶ安打となりました。



以下、毎日新聞抜粋
『【シアトル小坂大】米大リーグは15日、各地で行われた。黒人初の大リーガー、故ジャッキー・ロビンソンのデビューから62年目の記念日となり、全選手がロビンソンの背番号「42」をつけた。

 胃かいようで欠場していたマリナーズのイチローが「1番・右翼」で今季初出場。2安打をマークして日米通算安打数を3085本とし、張本勲氏(元ロッテなど)の日本プロ野球最多安打記録に並んだ。イチローは三回の第2打席で中前打、七回の第5打席で満塁本塁打を放った。同僚の城島は2安打を放ったが、右太ももを痛め、試合途中で交代。マリナーズは11−3で勝ち、6連勝。

 カブスの福留はロッキーズ戦で3打数無安打1四球で、連続試合安打は5でストップ。レイズの岩村はヤンキース戦で3打数1安打1三振、ヤンキースの松井秀は代打出場で四球を選んだ。

 ◇右肩痛の松坂、故障者リスト

 またレッドソックスの松坂が右肩の疲労を理由に故障者リスト(DL)入りした。

 ◇揺るがぬ技術、鮮やか…イチロー

 イチローが、千両役者にふさわしい復活劇を演じた。

 七回1死満塁で迎えた第5打席。ボール、ファウル、ボール、ファウルときて、5球目の外角へのきわどい直球を見逃し、カウント2−3。そして6球目、内角低めのカーブをすくい上げると、打球は長い滞空時間をかけ、右翼席へと吸い込まれた。張本氏の記録に並ぶ、通算3085安打目となる鮮やかな一発を、イチローは「とっても気持ちよかった」と振り返った。

 胃かいようで故障者リスト入りしたため、チームよりも8試合遅れての開幕。久しぶりのメジャー投手との対戦とあって、さすがに直球には差し込まれる場面があった。しかし緩いボールなら、培われた技術がモノを言う。三回に放った今季初ヒットとなる中前打、そして併殺打になったものの六回の二ゴロも、変化球をきっちりとバットの芯でとらえた。

 満塁本塁打の場面をイチローは「本塁打を狙っていた? とんでもない。バットに当てるのに必死ですよ」と振り返った。しかし、ストライクゾーンの難しいボールはファウルで粘り、際どいボール球には手を出さない選球眼で投手を追い込み、最後に甘いボールを投げさせたのは、イチローならではの技術といえるだろう。

 スタンドで観戦した張本氏は「あっさりやってくれるねえ。病み上がりだったから、もう少し時間がかかると思っていたのに、うれしいやら、びっくりするやら」。苦境を乗り越えて結果を出したイチローに、だれよりも驚いたのは偉大な先駆者だった。

 これまで、どんな記録を達成しても「次の一本が目標」と繰り返してきたイチロー。大記録の達成を目前にした心境を問われても、「それだけは変わらない」と前を見すえた。そんなイチローに張本氏は「16日(の新記録達成)は間違いないでしょう」と太鼓判を押した。【小坂大】』

WBCのプレッシャー、疲れからDL(故障者リスト入り)をしていたイチローですが、復帰戦できっちりと結果を残しました。又、マリナーズもこの勝利で6連勝と好調です。ここ数シーズンマリナーズは低迷を続けている為、イチローは記録との戦いのシーズンを数年送っていますが、今シーズンは記録だけでなく、チームとしての結果も期待出来そうなスタートですね。



「MURAの日々日記」のトップへ
タグ:イチロー
2009.04.04

イチロー ピンチ!

米大リーグ・マリナーズのイチローが、出血性の胃かいようで初めて故障者リスト(DL)入り。

イチローには今期、メジャー新記録の9年連続200安打達成がかかっていますが、かなり道は厳しくなりそうです。


第2回WBCのプレッシャーが原因なのは間違いないところだと思います。本日のTVのインタビューでは元気そうでしたが、体の奥深いところまできていたんでしょうね。


一日も早く回復をし、またイチローには素晴らしいプレイを見せてほしいですね。



⇒ 「MURAの日々日記」のトップへ
タグ:WBC イチロー
2009.04.02

清峰死闘を制す!

81回センバツ高校野球は清峰の優勝で幕を閉じました。

清峰・今村、花巻東・菊池という今大会屈指の好投手を擁する両チームの対戦は、まさに1点と争う死闘となりました。

両投手の好投によりスコアボードにはひたすら0が並びます。均衡を破ったのは7回。2死からの四球をきっかけに好投手菊池から左中間への2塁打で1点をもぎ取りました。

その一点を、これまた好投手の今村が何とか守り、清峰として、そして長崎県勢として初優勝を成し遂げました。


どちらが勝利してもおかしくない一戦でした。だた、すこしばかりの運が清峰に傾いたのだと思います。本当に好ゲームでした。


夏の選手権でこの両チームの対戦、そして、今村と菊池という好投手の投げ合いを再度見たいですね。



「MURAの日々日記」のトップへ

2009.04.01

センバツ 花巻東 決勝進出

花巻東が岩手県勢初の決勝進出を果たしました。


第81回センバツは本日準決勝が行われて、第1試合では長崎県代表の清峰が、第2試合では岩手県代表の花巻東がそれぞれ決勝進出を果たしました。

清峰は3年ぶり2度目の決勝進出、花巻東に関しては初の決勝進出です。両校共初優勝を賭けての一戦となります。そして長崎県、岩手県共に今まで春のセンバツ、夏の選手権とも優勝経験のない県ですので、両県にとっても初の優勝をかけた一戦となります。


正直、この決勝の組み合わせを予想出来た人はほとんどいないと思います。今大会の本命は慶応と言われ、それ以外にも天理、PL学園、中京大中京 などが候補として挙げられていました。確かに、両チームの投手(清峰・今村 花巻東・菊池)は大会前からの評判の投手でしたが、まさか決勝までとは。

WBC同様、やはり野球は投手という事を痛感させられる大会となりましたね。


又、以前ですと、優勝校を輩出する県はだいたい決まっていました。(大阪、神奈川、東京など)
ですが、ここ数年、ずいぶん高校野球の勢力図が変わってきています。高校野球に関してはだいぶ「地方の格差」はなくなってきた感じですね。


いよいよ決勝戦。楽しみですね。


「MURAの日々日記」のトップへ


かおる姫、ビーチバレー本格始動

かおる姫として注目を浴び、一時はバレーボール女子の日本代表にも選出をされていました菅山かおるが、ビーチバレー選手として本格稼働を始めました。

昨年5月に引退。引退当時からビーチバレーへの転向の噂は出ていましたが、噂どおりビーチバレーの選手としてデビューをすることになりました。


かおる姫はインタビューでロンドン五輪を目指すことを宣言しています。ロンドン五輪に関しては、“ビーチの妖精”こと浅尾美和選手も目指しています。

これから、「かおる姫」対「ビーチの妖精」の対戦もあると思います。


ビーチバレーは盛り上がりそうですね。


⇒「MURAの日々日記」のトップへ


2009.02.05

真央ちゃん、6位スタート!?



真央ちゃんがまさかのSP6位。首位の金妍児とは14点以上の大差です。



大会前から調子が悪いと報道をされ、真央ちゃん本人も「(カナダに)来る前から調子が良くなかった。不安があった」と演技後語っていたそうです。



今大会のスケート場は本来のスケート場よりも狭いらしく、その点も影響をしたみたい。






成長期の今、日々変わる体調の為、コンディション作りは大変と思います。又、楽しかったスケートが今、楽しいだけではやっていかれない状況と思います。




鮮烈なデビューから約3年。デビューしたてのころの、真央ちゃんの笑顔をまた見たいですね。



タグ:浅田真央
2009.02.02

フェルプス、薬物疑惑

北京五輪で前人未到の1大会8冠を達成した競泳男子のマイケル・フェルプス。薬物疑惑です。


1日付の英大衆紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドが大麻の一種であるカナビスを吸引しているとみられる姿をとらえた写真を掲載。


フェルプス本人も「悔やまれる、誤った判断の行為をした」とする声明を発表。写真が自身であることと間違った行動を取ったことを認めた。


と言っても、実際に吸引したかには明確に触れてません。さすがに、明確にはしたくないみたいですね。。。



写真をみましたが、初めてといった感じではなかったですけどね。



ちなみなアメリカのCNNが非公式のアンケートを取ったところ、アメリカの98%の人が、「フェルプスはまだ子供だから、仕方がない」と言っているそうです。23歳の金メダルを獲得した青年が「子供」とは。。。アメリカって心が広いですね。