2009.01.23

石川遼、マスターズへ!

プロゴルファーの石川遼のマスターズ出場が決定しました。


主催者の特別枠による招待選手としての出場が決定。石川遼の元に22日夜、マスターズ出場の電話連絡が入ったそうです。


石川遼は07年にツアー最年少優勝を果たし昨年はプロ1年目で優勝。獲得賞金も1億円を突破して賞金ランク5位に食い込んでいます。


日本ゴルフ界期待のホープですが、遂にマスターズにまで。。。


石川遼本人は「20歳でマスターズに優勝する」という目標を小学校4年生の時にたてて、日々取り組んできたそうです。



目標としていたマスターズ優勝へのスタートラインに立つ事になりました。楽しみですね。













タグ:石川遼
2008.10.08

王監督、最後の試合

ソフトバンクの最終戦が行われました。


ソフトバンクの最終戦 = 王監督の最終戦でした。


選手として、本塁打の世界記録を達成し、監督としても巨人、ソフトバンク、日本代表として優勝を果たしました。


本当に選手として、監督として、そして人間として一流の人でした。





野村監督は今日の試合前「王と長嶋は特別な存在。後に続く者はおるんかなあ」と話していたそうです。野球界にとって一つ時代の変わり目なのかも知れませんね。





昨年の手術以降、決して体調は万全ではなかったと思います。



少し、お休みを。




そして、体調が回復後、日本野球界の為に、また頑張って下さい。

タグ:野球 王監督
2008.09.03

大麻!大麻!大麻!大相撲

大相撲、どうしました!




ここ数年、不祥事続きの大相撲ですが、ついに薬物へ...




一昔は八百長疑惑、そして暴行事件、大麻事件と。


まるで犯罪者の巣床です。




一部の力士の問題とは思いますが、どうしても大相撲全体で
みられますよね。




今回の大麻疑惑の力士の一人は北の湖理事長の部屋の力士です。



相撲界見る前に、自分の部屋をみるべきですね。



というか、こんな人が理事長だから、こんなに不祥事が続くのでは
ないかと思ってしまいます。



日本の国技である大相撲



かってない強さをほこった千代の富士。若貴ブーム時代の若乃花、貴乃花、曙、武蔵丸。この頃は、力士が、土俵が注目されていました。

もう一度、この頃のような熱き時代が来る事を期待しています。


タグ:大相撲 大麻
2008.08.23

星野ジャパン、敗退

星野ジャパン、敗退しましたね。


3位決定戦、アメリカに逆転負けです。


青木の3ランが出た時は勝ったと思いましたが...


日本全国から期待を受けていた星野ジャパン
誰しもが金メダルを期待していましたが...


WBCのイメージもあっただけに、残念です。






タグ:北京五輪
2008.08.21

金、ソフトボール悲願達成

日本女子ソフトボール代表が金メダル獲得!


やりましたねー。


みなさん、みましたか?


上野選手が力投。


バックも攻守で盛り立て、予算・準決勝と負けていたアメリカを
撃破しました。


球技の日本勢では1976年モントリオール五輪のバレーボール女子以来で32年ぶり4度目の快挙だそうです。


ロンドン五輪からソフトボールは競技が外れるということもあり、
選手は今回が最後の金メダルのチャンスと捉えていたと思います。
悲願の金獲得、やりましたね。


ソフトボールに続き、野球の方も頑張ってほしいですね。



MURAの日々日記トップへ






2008.08.17

室伏、金ならず!

室伏の出場した男子ハンマー投げが終了しました。



室伏...


残念ながら...


5位入賞です。


世界で5位、考えれば凄いことですが、
世間は室伏に期待し、室伏自身も頂点を目指していたと思います。


1投、2投と順調でしたが、3投以降で記録が伸びませんでした。
2投以降で他の選手が記録を伸ばして来たので、プレッシャーが間違いなくかかっていたでしょうね。4投、5投は投げた瞬間に室伏本人も苦笑いをし、1投、2投の記録に達しませんでした。



前回のアテネで金。今回の北京で5位。
立派な成績です。

次回のロンドンは年齢的に難しいと思うけど、室伏にはもう一頑張りして欲しいですね。



人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ





タグ:五輪 北京
2008.08.11

オグシオ、敗れる!

オグシオ、準々決勝で敗退です。


ライブで試合を見ていました。オグシオの出来以前の問題でした。中国ペアが完璧でした。ちょっと、どうしようも無かったですね。

先手を常に取られ、攻撃の手段を完全に封じられ、防戦一方の展開でした。最後まであきらめては無かったんだけど...

ま、ともあれ、オグシオお疲れ様でした。


オグシオの影に隠れてますが、末綱・前田組が準決勝に進出です。第一シードで、アテネ五輪金メダルペアを撃退しての準決勝進出です。

準決勝は明後日、楽しみが一つ増えました。

人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ





タグ:オグシオ

北島、金!

北島、金獲得です。

世界新での金。圧倒的でした。

前半を抑え気味に泳ぎ、後半に一気に勝負を仕掛けました。

言葉が出ません。

北島、すげー!!!

日本人のイメージを覆す男です、北島は!

文句なしの金メダルでした、北島!


人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ
タグ:北島
2008.08.10

オグシオ初戦突破

オグシオが苦しみながらも初戦を突破しました。

北京五輪で注目をされているオグシオ。今日(というかさっき)、初戦が行われ、セットカウント2-1で初戦を勝ちました。最終セットのスコアは21-18、もうドキドキです。

次の2回戦は第2シードの中国ペアとの対戦です。

山ですね、ここが。

決して良いとは言えない日本選手団のスタート。前半注目のオグシオ、明日の2回戦を突破し、準決勝に進出してほしい。


人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ



内柴、金メダル!

内柴が金メダルを獲得!


アテネに引き続きでの2大会連続金メダルです。



試合をみてました。

途中かなりやばい試合もありました。
(残り40秒までポイントで負けていた)

でも、1回戦から決勝戦までトータルで見ると、内柴は安定していました。

決勝も秒殺でした。

日本の金メダル第一号は内柴

注目度の低い男がやりました。

人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ





2008.08.08

桐生一監督、辞任へ

桐生一校の福田監督が今日の試合終了後に辞任を示唆しました。


事件騒動のあった桐生一校の一回戦、対金沢校戦が今日行われました。


結果は敗戦。


正直、選手は試合どころではなかったと思います。




そして試合終了後、監督の福田監督が辞任を発表。



福田監督と言えば、無名だった桐生一校を甲子園常連校にし、桐生一校を全国制覇にも導いた名将。本人にとって不本意の辞任と思う。

事件を起こした野球部員の顧問としては当然の行為なのかどうかはわかりません。非難を浴びても監督を続け、野球部を再建することが責任の取り方という考えもあります。正しい答えはないと思います。

一個人が起こした事件が世間を騒がせ、これまで色々な人たちが築き上げてきたものが崩れてしまいました。

一人の人間の世の中への影響、改めてこの事件で感じさせられました。













タグ:桐生
2008.08.05

オグシオ、北京初練習

もう少しで北京五輪開幕です。
MURAもそろそろ五輪モードになってきました。

今日、日本五輪代表団が北京入り、バドミントン代表は早々に本番会場となる当地の北京工大体育館で練習してます。

バドミントン代表の注目はもちろんオグシオ。美人で実力もあるなんて。。。
神は二物を与えました。。。

それはともかく、オグシオは世界選手権で3位に入り、メダルも期待されている。問題は準々決勝で対戦する世界ランキング3位の中国ペア。
ここがオグシオにとって山になるのは間違いない。小椋は「2戦目でシード選手と当たるのは分かっている」。潮田も「相手の方がプレッシャーがあると思う」と強気の姿勢です。頼もしいですね〜。

頑張れオグシオ!!


人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ
2008.08.04

かおる姫、ビーチバレーに!

かおる姫ビーチバレーに出場します。

といっても、本格的に参戦する訳でなく、主催者からの推薦により出場です。


かおる姫はもともとアタッカーといて小田急ジュノーに入社し活躍するも1999年にチームが廃部。その為、JTマーヴェラスへ移籍。JT2004年からはリベロへ転向した。
2005年全日本代表に初選出。当初はリベロでの登録であったが、選手の怪我などによる戦線離脱でレフトが不足となったこともあり、後にレフトに登録が変更された。
かおる姫の全日本デビューとなった2005年ワールドグランプリでは、攻守の両面での活躍で全国のファンを魅了。可憐な容姿にも注目が集まり「かおる姫」の愛称も定着。翌2006年、世界選手権に出場した。
北京五輪を目指していたが、体調不良の影響もあり、メンバーには選出されなかった。
2008年5月30日、『自分の新しい可能性を探ってみたい』として、5月31日を以ての現役引退並びにJT退職。

かおる姫はこれからどうするのかな〜と思っていたんだけど、はやくも動き始めました。

かおる姫ビーチバレーに本格参戦となると、浅尾美和と同様のすごい人気になりそうですね。



人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ



清原、引退と背中合わせの復帰

清原(オリックス)が昨日の試合で復帰しました。


清原は昨日の会見では「今の状態なら来季はグラウンドに立てない。明日からの1打席、1球が野球人生の最後と思ってバットを振りたい」と今季限りの引退をもにおわせる悲壮な決意を語ってます。


今日の結果は代打で出場し三振。


清原が語っている通り1球1球が勝負であり、引退との戦いと思う。

長年に渡り日本のプロ野球界を引張ってきた清原。「ぶざまな姿」をさらすことになったとしても最後まで応援をしたい。


人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ





2008.08.02

佐賀東旋風再び!インターハイ4日目

佐賀東旋風再び!

昨年の野球に引き続き、今年はサッカーで佐賀東旋風がおきてます。

インターハイ準々決勝で、佐賀東が鹿児島城西に3−2で競勝ちベスト4に進出。野球に引き続き、サッカーでも全国レベルで活躍。こんなことは今まで私立でしかなかったが、本当にすごいですね。

インターハイ準々決勝の結果はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
流通経済大柏(千葉第1) 2−1 大分鶴崎(大分)
佐賀東(佐賀) 3−2 鹿児島城西(鹿児島)
市立船橋(千葉第2) 4−0 作陽(岡山)
大阪桐蔭(大阪) 1−2 大津(熊本)

本当に頂点が近づいてきました。
千葉勢同時の決勝の可能性大です。


人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ

桐生第一について

桐生第一高校。


今日の入場式で行進をしていました。


桐生第一高校野球部員はどんな気持ちで行進したんだろう?


今回の強制わいせつ容疑、確かに容疑を起こした部員以外には

関係ありません。


3年間、必死で練習をしてつかんだ甲子園出場。

辞退はかわいそうです。


しかし、被害にあった女性のことを考えると。。。


色々な記事やブログで様々な意見が出てます。叩かれています。

出場しても、辞退しても、桐生第一が叩かれるのは間違いない状況でした。その中で出場という道を選んだ以上、出場する選手が頑張るしかありません。。。



今回の事件、正直コメントが出来ません。



人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ












タグ:桐生
2008.07.31

亀田。。。

亀田兄弟、


いや、亀田親子、


頭痛いです。。。



30日夜のWBCフライ級タイトルマッチで内藤選手が防衛に成功!




その後、


何と!



亀田興毅がリングに上がってきました!!


「ええっ〜」ですよ!!!


しかも、勝利者インタビュー中の内藤選手の肩をたたきながら「おめでとう。次の試合ね」と挑戦を表明。



もー、びっくり!!!



中継したTBSには苦情が殺到みたいです。(そりゃそうだ!)



「TBSが上げたのか」などのクレームもあるという。


今までの過程から考えると、そりゃ言われるでしょ。


本当に頭痛いです、亀田家は。


もう、正直、うんざりです。



PS.弟の時の謝罪会見で見直したのですが。。。



人気ランキング、参加してます。
良ければクリックお願いしまーす。 ⇒ 人気ブログランキングへ
























タグ:亀田
2007.10.23

松坂と野茂

今日(昨日か)、早朝に行われたレッドソックス対インディアンズ戦。松坂が先発、5回2失点で勝利投手。
俺は仕事中にも関わらず、インターネットで常にチェック。何をやってんだか...
チェック中に野茂のニュースを発見。約1年ぶりに実践登板し、1回を無失点で抑えたそうだ。たしかベネズエラ(ドミニカ?)での話らしい。
野茂がMLBに挑戦した時のインパクトはとんでもなかった。ある意味、松坂以上だっと思う。それから数年過ぎ、今でも現役を続行しようとする努力。まさにパイオニア。自分を信じて続けていく。大切なことだけど、なかなか出来ない。野茂のニュースをみて、最近の自分を反省...
2007.10.11

内藤−亀田

WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤−亀田」戦が行われた。結果は内藤の判定勝利。戦前から騒がれていた一戦だけど、結果からみると、世界ランキングの通りの実力差があった。内藤は強いというよりも上手い、ボクシングのルールを最大限に活用していたと思う。このへんが、キャリアなんだと思う。亀田の一発は確かにあると思うが、所詮単発。なかなか、それではキャリアのある世界チャンピオンには勝てない。
試合後、亀田は親子共々無言で会場を去って言ったそうだ。ショックもでかいだろうし、仕方ないかなと。ただ、一つ納得出来ない点がある。判定後、勝者を称えることもなく、すぐリングを去って行った点。今までも、試合前に乱戦を繰る広げていたボクサーは何人でもいる(辰吉など)。でも、試合後には敗者は勝者を称えていた。もちろん悔しいのは理解出来るし、恥かしい気持ちも理解出来る。しかし、それが拳を交えたボクサーの最低限の礼儀なのでは。
しかし、これから亀田はどうなるんだろうね〜。今回の黒星は回りへの影響が大きいだろうね。兄貴が返り討ちに名乗りを上げるかな?