2011.02.16

ディス・アメリカン・ライフ がコカコーラのレシピを公開

「ディス・アメリカン・ライフ」と聞いても知らない人がほとんどだと思います。


「ディス・アメリカン・ライフ」はアメリカのラジオ番組なのですが、その「ディス・アメリカン・ライフ」でアメリカで話題が持ちきりです。



なぜならば・・・



この「ディス・アメリカン・ライフ」がコカ・コーラのレシピを公開したからです!


コカ・コーラが好きな人は多いと思います。そういうMURAも大好きです!


そのコカ・コーラのレシピは当然ながら企業秘密で、その成分を知っているのは一部の最高幹部だけとのことだったのですが・・・


コカ・コーラのレシピですが 「ディス・アメリカン・ライフ」によると、1979年2月、アトランタの地元紙アトランタ・ジャーナルに取り上げられていたものそうです。その記事写真も同局のサイトには紹介されています。



間違いなく、家でコカ・コーラを作る人が出てくるでしょうね。

2011.02.15

小沢一郎 党員資格停止処分とは

小沢一郎が民主党から党員資格停止処分となりました。

小沢一郎の処分となった党員資格停止ですが、除籍、離党勧告に次ぐ最も軽い処分となります。
その内容ですが、党員資格停止停止中は代表選に立候補ができず、投票権もありません。又、党岩手県第4区総支部の支部長資格も停止され、企業団体献金の受け皿を失うこととなります。一方で国会での採決では、党の決定に従わなくてはならず、党費の支払い義務も残るそうです


菅総理は今回の処分によって、「けじめ」はついたと言っています。


小沢一郎の党員資格停止処分によってけじめがついたと考えているのであれば、菅総理には肝心の政策、そして予算案をしっかりとやってほしいですね。
正直なところ、小沢一郎の処分よりも大切なことはたくさんありますから。

そして野党にもちゃんと国会の審議に参加をしてもらいたいです。
こんな状態で何に対しても非協力的であれば、国民から投票されることはありませんので。
2011.02.09

遠藤保仁 ブンデスリーグ移籍か!?

遠藤保仁にドイツ・ブンデスリーグのハノーファーが獲得を検討していることが報じられました。



Webサイト『FOOTBALL press.net』が報じており、移籍金として100万ユーロ(約1億1000万円)を用意しているそうです。


今ドイツでは日本人ブームが起きているといっても過言ではありません。


高原に始まり、小野、稲本、長谷部が続く形でドイツ・ブンデスリーグに参戦。今シーズンは、香川、内田、矢野がシーズン開始からドイツ・ブンデスリーグに参戦。冬の移籍市場で、岡崎と槇野が移籍を果しました。G大阪の至宝とも言われている宇佐美に関しては、バイエルン・ミュンヘンが獲得を狙っているとも言われています。


そして、ついに遠藤保仁がターゲットとなりました。


遠藤保仁は30歳を超えていますので伸びしろという点では厳しいところもあるでしょうが、海外勢を含めた現在の日本選手の中でも、間違いなくトップクラスの実力です。G大阪も日本代表も遠藤保仁を中心として回っていると言っても過言ではありません。


遠藤保仁の海外でのプレイを正直見てみたいですね。日本と同様に、海外のチームで中心選手として活躍できると思いますので。

ちなみに、ハノーファーは現在ブンデスリーグで3位です。2位のレヴァークーゼンとの勝ち点差はわずかに2。チャンピオンズリーグ出場権も射程圏内にとらえています。遠藤保仁が移籍したなら、チャンピオンズリーグでプレイする姿を見ることが出来るかも知れませんね。


G大阪ファン、そして、西野監督にとっては、やりきれないでしょうが・・・



遠藤保仁 ヤットスタイル